XMの口座凍結|理由や解除方法、解約は必要?トレーディングにログインはできるのか

XMトレーディング 口座凍結解除

XM Trading.comは口座凍結があります。しかし、理由が分かっていれば凍結は怖くありません。

解除や解約の方法もあわせてご紹介していきます。

XMトレーディングの口座凍結理由

XM Trading.comでは口座凍結される場合があります。その理由は大きく2パターンです。

 

  • 残高も取引もない場合
  • 禁止行為に触れた場合

 

それぞの場合について詳しくご紹介します。

残高も取引もない場合

XM Trading.comの公式サイトにこのように書かれています。

 

残高がゼロの取引口座は暦上90日経過後に凍結となります。

 

残高がゼロのまま、90日が過ぎてしまうと口座が凍結されます。

口座単位で凍結となるので、もし5つの口座を作っていて、1つの口座だけに残高があった場合は4つの口座が使えなくなります。

 

公式サイトには書かれていませんがサポートに問い合わせた結果、残高が500円未満で、90日以上取引・出入金がない場合も凍結となります。

禁止行為に触れた場合

XM Trading.comが定める禁止行為に触れた場合も口座が凍結となります。

例えば、禁止行為にはこのような行為があります。

 

  • 口座間をまたぐ両建て
  • 口座の貸し借り
  • 口座を複数人で管理する
  • ボーナス目的のアービトラージ

 

これらの禁止行為に触れた場合、注意喚起の連絡が来る場合があります。

メールで届くので、念のためにXM Trading.comに登録するメールアドレスは普段からチェックするものにしましょう。

 

例えば、両建ての場合です。口座内の両建ては認められていますが、口座間をまたぐ両建ては禁止です。

もし、EAによる自動売買であったとしても禁止行為に当たる場合があります。

十分な注意が必要ですね。

解除する手段

凍結した口座を解除する方法を調査しました。結果「解除方法はない」というのが結論です。

XM Trading.comの公式サイトにもこのような記載があります。

 

一度凍結された取引口座を再度有効にすることはできません。

 

一度凍結されてしまうと、もうその口座を使うことはできなくなります。

もし、他の口座を開設していない場合は新しく作り直し、ということになります。

口座解約の仕方

凍結された口座は別途解約の必要はあるでしょうか。答えは「解約の必要はない」です。

そもそもできることがないのです。

 

凍結された口座はXMトレーディング側で処理をしてくれるので、利用者側ですることはありません。

ログインなど、できることはあるか

凍結された口座に対してできることはあるかどうか、ですが。

一度凍結されると何もすることはできません

 

こんな画面が表示されます。

XMトレーディング 口座凍結解除

 

そもそもログインができないので、取引・入金・出金・個人情報の更新など、何もできません!

一度凍結されてしまうと、その口座はなかったものになってしまいます。

残高を残して口座凍結になった場合

もし、禁止事項に触れてしまった場合、残高を残したまま口座凍結になる可能性があります。

口座凍結になるとログインできなくなるので、もちろん出金もできません。

多くの投資資金が入っていた場合、そのまま口座に取り残されることになります。そうなっては泣くに泣けません。

 

禁止事項に触れた場合は、サポートから注意喚起メールが届きます。

その中に、出金の案内があります。なので、その案内にしたがって、先に出金しておかないといけません。

 

そのためにも、XMトレーディングに登録するメールアドレスは、普段からチェックするメールアドレスにしておきましょう。

禁止事項はわざと破るだけではなく、たまたま触れてしまうこともありますからね。

用心しておきましょう。

凍結対策にメールはこまめに確認を

凍結対策に、メールをこまめに確認するようにしましょう。

取引していない場合は、なくなっても痛くもかゆくもないですね。

 

でも、思わぬところで禁止事項を破ってしまったら。。。

残高を残したまま口座凍結とか、含み益が大きいまま口座凍結になってしまうことも!

 

サポートからの注意喚起メールをしっかり見られるように、普段使っているメールアドレスを登録。

もし迷惑メールに振り分けられるなら、そうならないように解除をしておく。などの対策をしておきましょう。

 

凍結されてしまうと、ログインすらできないので何もできなくなります。要注意です!

参考になったらシェアしてくださいね!